スクールバックで流行の

スクールバックで流行にものがあるのを知っていますか。女子高生にかなりの人気なのだそうです。スクールバックで流行りのブランドは、ずばりイーストボーイです。
イーストボーイは自由の女神をロゴにした、
イーストボーイ自体、そのラインナップの中にいろいろな種類のブランド分けがされています。
高校生のオシャレを応援、提案をするイーストボーイ スクールという高校生向けのカジュアルウェアのラインもあります。
スクールバックも手がけています。スクールバックではないのですが、ブランドランドセルとしてランドセルも手がけているんですね、その幅の広さにビックリしました。
きっと女子高生の間でおしゃれなイメージが根付いていて、スクールバックを始めスクール用品もだしているんですね。
スクールバックの枠組みのなかで、イーストボーイのデザインを融合させたスクールバックになっているところが受けているところなのでしょうか。
スクールバックでブランディングできているイーストボーイはすごいブランドですね。

<用語解説>
自由の女神
自由の女神像は、アメリカ合衆国・ニュージャージー州のリバティ島(ニューヨークではないんですよね)にある像。正式名称はLiberty Enlightening the Worldで、日本語に訳すと「世界を照らす自由」となります。
この像は、フランスからアメリカへ送られたものとしても有名ですね。
アメリカでのテロ事件以来、自由の女神像の中へは入れなくなってしまいました。

スクールバックいろいろ

スクールバックは、いくつかのタイプに分けることができると思います。スクールバックですからシンプルで機能的、値段的にも安くないといけないですよね。
エルメスのスクールバックが標準なんてところがあったら、とってもお金持ちの人しか行けないような学校なのでしょうね。
スクールバックで典型的な形のものを紹介していきます。

スクールバック ボストンタイプ:ボストンバッグ(Boston bag)とも呼ばれるバックですね。もともとボストン大学 の学生たちに人気で愛用されていたことからこの名前がついたようです。そこが長方形の手提げタイプの鞄です。ファスナーで口を閉めることもできます。旅行用としても多く用いられることが多いですね。

スクールバック マルチタイプ:背負えたり 持ったりまさに便利な形態で使えます。3ウェイなどもこの種類に入りますね。   
その
スクールバック 3ウェイ:スリーウェイバッグ(3WAYバッグ)
幅が広めで、手で持つ・肩にかける・背負うのまさに3通りの使い方ができる鞄のことをいいますね。ハバサック(第二次大戦中の米軍用行嚢)もこの一つ。

スクールバック Dパック(デイバック):リュックサックともよばれる背負うタイプのバックですね
Dパックの「D」は、英語のday packから来ていて、日帰り用の荷物を入れる背負い袋というようなニュアンスのものですね。
一方、リュックサックは、ドイツ語が元になった言葉のようです。
ちょっと前まではほとんどリュックサックと呼んでいたような気がしますが。

スクールバック トートバック:基本的な形として、持ち手が2本で四角い形状をしている鞄。何でも入れることが出来るので多用途で用いられていますね。レジ袋削減及び環境保護の為の「マイバッグ」としてトートバックが配られたりもしていますね。

スクール バックは

スクール バックっていろいろありますね。
ただ学校で指定したものしかだめなんてなっていると、もうそれに従うしかないんですが、結構自由なところもありますよね。

小学生だとスクールバックというと、ランドセルがそれに当たるのでしょうね。
ランドセルも少し前は、赤と黒しかなかったものが、いまでは随分カラフルなものが売っていますからね。スクールバックもドンドンいろんな種類のものが増えてきているということでしょう。

それから中学生から高校生にとってにスクールバックといえば基本には学生鞄があたると思いますが、こちら特には本当に見かけることが少なくなりましたね。

スクールバックは、みんな同じという時代は、すでに終わっているんですね。
たぶんスクールバックとしての基準はある程度決まっていて、後はお好きにどうぞとなっているような気がします。

スクールバックは時代と共にドンドン替わって行くものなんですね。それぞれに流行りや廃りがあるのでしょう。
スクールバックに求められる機能も少しずつ変わっているのかもしれません。